chainer

【chainer】F.padとF.pad_sequenceの使い方

chainerでpaddingするときの方法、備忘録。パディングするベクトルを用意。 >>> from chainer import functions as F >>> import numpy as np >>> a = np.array([[1,2,3]], 'f') >>> b = np.array([[1,2,3,4]], 'f') >>> a array([[ 1., 2., 3.]], dtype=flo…

Embedの速度比較

単語埋め込みとかで使う、onehotとlook-up tabelの内積計算を比較する。埋め込み操作(embedding)の式は以下のとおり。xは[0,1,0,0,0]って感じのonehotベクトル。欲しいインデックスにビットが立ってて、Wと内積とると欲しいベクトルが引き抜かれる感じ。これ…

【chainer】 crf1d, CRF1dの使い方

chainerのlinks.CRF1dとfunctions.crf1dの使い方メモ。 crfと同様に系列を扱うNStepLSTMとかと同じ気分で使うと事故る。 概要 functions.crf1d(cost, xs, ts) 遷移スコア、タグスコア、正解ラベルをそれぞれ受け取って、最適パスをVariableのlistで返す。 遷…